忍者ブログ

気まぐれTOYブラザー

トランスフォーマーやバイオニクル等の玩具を気が向くままに紹介したりするブログ。

トランスフォーマー ロストエイジシリーズ LA-SP 最終決戦4体セット ガルバトロン


トランスフォーマー ロストエイジシリーズより、人工トランスフォーマーの大群との対決をイメージした4体セットである、LA-SP 最終決戦4体セットの一体、ガルバトロンをレビュー。




パッケージ
アーマーナイトオプティマススカイドリフトスラッグ、ガルバトロンの4体がまとめて入ってます。箱パッケージだけどやっぱり説明書兼用。このセットのみ、新規で最終決戦の活躍をイメージしたジオラマ写真が使われています。こんなシーン無かったけどね!
映画での最終決戦はオプティマスとロックダウンの対決なので「最終決戦」の名前はちょっと違和感ありますね・・・。
ちなみに、4体とも特に海外版との違いは無い模様。



ビークルモード
キャブのみのトラック、フレイトライナー・アーゴシーに変形。
バトルアタック版とは別モノの完全新規で、ワンステップ変形するタイプです。


サイド
ルーフ横に紫のディセプティコンエンブレムが。後部がちょっと出っ張ってるのが目立ちますね


用途不明の押すと凹むルーフ。スプリングで元に戻りますが、特に使い道も無く、なにかギミックや変形をオミットした名残でしょうかね。




ルーフの後部に生えてる黒のプレートを押しながら回転させると自動で変形!今までに無かった斬新な変形パターンです!
ギコギコと回すとパネルが裏返り、腕や頭が出てきます。
ビークルに戻す際は反対方向にグルグル回せば元通り。



ロボットモード
ちょっと箱っぽい体型のロボットモード
背中はルーフパーツをそのまま背負ってます。さらに変形の都合上か、胴体や足がえらいフラットな感じに。しかし、ユニークな変形がかなり楽しいので私はあんまり気になりませんでした。ちなみに、海外版との違いは無い様です。胸にはディセプティコンエンブレムが。


フェイスアップ
ちょっと潰れ気味ですがガルバトロンの特徴的な顔をそこそこ再現


正面
KSIが作り上げた人工トランスフォーマー。人間に遠隔操作されている様に見えるがその正体はKSIを利用し、復活したメガトロン。スティンガー達人工トランスフォーマーに命を吹き込み、オプティマスに襲いかかる。


可動は腕のみ。


バトルコマンドオプティマスとの認識ギミックもアリ。ちゃんとディセプティコンと認識。



バトルアタック版と比較。
ビークルではサイズも大体同じですが、重さは最終決戦セット版の方が重いです。ロボットモードではバトルアタック版の方が大きいですね。


回す事で変形する新しいパターンが斬新なガルバトロン。このガルバトロン目当てで最終決戦セットを買ったのですが、期待通りの出来で嬉しい限り。

拍手[1回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
コツ
年齢:
22
性別:
男性
誕生日:
1995/09/26
自己紹介:
トランスフォーマーとかバイオニクルを集めたり遊んでる人。他にはアメコミとかミクロマンとかも。相互リンク受付中。

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ブログ内検索

P R