忍者ブログ

気まぐれTOYブラザー

トランスフォーマーやバイオニクル等の玩具を気が向くままに紹介したりするブログ。

TRANSFORMERS THE LAST KNIGHT ALLSPARK TECH AUTOBOT HOUND(最後の騎士王 オールスパークテック ハウンド)

「コミック版ノバ参戦していないなら買わなくて良いか」と「レゴ マーベル2」をスルーしてレ「ゴ アベンジャーズ」を買った数日後にDLCで2の方にノバ参戦を知り少し凹む。

実写トランスフォーマー最新作「ザ・ラストナイト(最後の騎士王)」より玩具の動きと連動して電子ギミックが楽しめるサブラインオールスパークテック」シリーズの「オートボット ハウンド」を紹介!
※日本未発売

パッケージ
スターターパックの箱型パッケージと異なり、フィギュア単体はブリスターパッケージになっています。ブリスター部分はオールスパークを模した形状になっているのが面白い。そのせいか若干デカい気がするけど。

ビークルモード
軍用トラックに変形。例によってサブラインの為、ライセンスを取得してない架空ビークルです。最後の騎士王のハウンドの玩具は後部にランチャーが付いているのが基本でしたが、コチラでは珍しく省略されています。フロントウィンドの枠が省略されている為、なんだか安っぽい印象を受けます。

横から。
デフォルメされている為か、運転席付近が薄め。その為、荷台カバーがあるのか無いのかイマイチ、パッとしない。他のハウンドの玩具はランチャーが付いていた為、荷台カバーが無くビークルの見た目が劇中とは大幅に違っていただけに地味に重要。形状的にカバーありでしょうか。

トランスフォーム!変形パターンは前回紹介したオプティマスと基本的に同じ。足首の曲げる方向や後頭部のパネルを二段階で曲げられるとか微妙に違いはありますが。

ロボットモード
太った軍人の様な姿に変形。ボディが手榴弾の様なデザインになっています。劇中に近いのかはよく解りませんが、他の玩具とは違った独自の解釈で面白い。後ろからみると手足のパネルのおかげでがっしりした体系に見えますが、実際にモールドされている手足は意外と細めです。頭部と足首はオプティマス同様に柔軟素材を使用。

正面
ロストエイジから加わったオートボットの兵士。口は悪いが仲間思い。今作ではケイドの為に電話をつないであげたり、彼を良い親父さんだと慰めたり、イザベラを連れて行ってあげたりとその優しさが強調されていました。装備していたミサイルを暴発させながら変形し「派手に登場するのが好きでね」と喋ったりケイドを慰める為に「俺の親父は電話すらくれなかったよ」と話したりと意外な一面を見せます。

フェイスアップ
ヘルメットと髭が特徴。劇中だと十字マークが追加されたのですが、使用できないのか省略されています。どうやら私が所持しているモノは左目の塗装が失敗している様です。タバコは咥えていません。

オプティマスのスターターセットに付属のオールスパークキューブをハウンドにセットする事でサウンドギミックが解放!ちなみにキューブはスターターには一個しか付属しませんし、バラ売りもないので複数キャラを同時に喋らせたければ複数個キューブが必要な事になります。


オプティマス同様に胸を開け、オールスパークキューブをセット!セットする事で青く点滅しながら効果音が鳴り、最後に「HOUND!」の名を創造主クインテッサのボイスで発し、サウンドギミックが発動する様になります。ちなみにディセプティコンだと赤く点滅シャドウスパークオプティマスだと紫に点滅する模様。

サウンドが鳴る条件等はオプティマスと全く同じで、セリフが変っている形となります。効果音等はオプティマスと同じ。ちゃんと聞き取れている自信がありませんが「let's Blaster some Decepticons!」「Autobots Lock and load!」等と喋っている様に聞こえます。

オプティマスバンブルビーメガトロンといった基礎的なキャラクターのセリフが鳴る玩具は山ほどありますが、ハウンドのセリフが収録された玩具はこれが初めてじゃ無いでしょうか。個人的にオールスパークテックは今まで音声ギミックに恵まれなかったサブキャラクター達をサウンドギミック玩具で発売しているというのが最大の魅力だったりします。

後頭部のパネルを開閉する事で変形サウンドが鳴るのも共通。

サウンドの一部を動画で。劇中とは声優が違うような気がしますが、色々喋るハウンドというのはなんだか新鮮。

ポージング
オプティマスよりも干渉箇所は減った為、腕の可動範囲はアップ。ただし相変わらず拳は横向きな上に腕の板が邪魔をしてほとんどの武器が持たせられません。ギミックの事を考えるとボールジョイントは向いていなかった様に感じます。大人しく下半身は固定とかでも良かったかも。

以上、「オールスパークテック オートボット ハウンド」でした。中途半端な可動やかえってギミックの邪魔になっている点、変形がオプティマスと同じで面白みに欠ける点等はそのまま引き継いでしまっている感じですが、やはり最大の魅力は「ハウンドを喋らせる事が出来る唯一の玩具」と言う点でしょうか。劇中で生き生きしていただけに、良く喋るギミックはピッタリです。わざわざスターターセットからキューブを用意して入れ替えなくてはいけないですが、「キューブに収録されている他の音声も聞きたい!」という収集欲をかきたてるような感じで意外と悪くないと思います。なんか国内では今になって実写の簡易変形系玩具を出すターボチェンジシリーズなる展開を始めたのでそれに混ざって国内でも出たりしたら面白いかも知れません。

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
コツ
年齢:
22
性別:
男性
誕生日:
1995/09/26
自己紹介:
トランスフォーマーとかバイオニクルを集めたり遊んでる人。他にはアメコミとかミクロマンとかも。相互リンク受付中。

カレンダー

01 2018/02 03
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 8 9 10
11 12 13 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

ブログ内検索

P R