忍者ブログ

気まぐれTOYブラザー

トランスフォーマーやバイオニクル等の玩具を気が向くままに紹介したりするブログ。

LEGO バイオニクル ボラーク

マーベル展に行きたいけど一人はちょっと寂しい

LEGO バイオニクルよりマクータ(テリダックス)からの刺客、ラクシ「ボラーク」を紹介!

ボラーク
リザードマンを彷彿とさせる、トカゲ型の獣人なプロポーションが特徴。脚は少し曲げた、中腰スタイルが基本となります。細身の体はどことなく不気味。他のラクシとの違いはカラーと背びれ、武器のみ。頭、背中、足に使われているパーツはパールカラーになっているのもポイント。武器のパワーステックは長いシャフトで固定され、ロッドのような形状になっています。

正面
光のマスク、アボーキーを見つけたタ・コロ村マトランタクアジャラ光のトーアを探す旅を阻止する為に、マクータ(テリダックス)が放った刺客。トーアヌーバとタイマンを張れる程の強さを持つ。ボラークは実戦力に優れたラクシで、常に獲物に飢え、止まったり休んだりせず、常に動き続ける。彼の武器、パワースティックは敵のパワーを奪い取ってしまう。
OVA「マスク・オブ・ライト」ではタラークカラークと共に行動し、オヌ・コロ村を襲撃したりしていました。

フェイスアップ
目はクリアパーツで、クリアオレンジのボールジョント受けの上から顔パーツを装着して完成します。OVAでは顔が開き、中からクラータが出現したのですが、玩具ではそのようなギミックはありません。

背中のカバーは開閉可能で、中にクラータを収納可能。

クラータ
マクータの体から生み出される不気味な寄生虫のような生物。ラクシに能力を与え、動かす。カノイ・マスクに取り付く事で汚染マスクへと変化させることが出来る。汚染マスクはクラナ同様に、ラヒトーア、マトランが身に着けてしまうと操られてしまう。形状が6種類あり、ランダムに1個封入されています。柔軟樹脂性で、二色の成形色が使われており、ボラークのモノはダークグレーメタリックとグレーの二色。

クラータのトレーが何故かペグ穴に軸接続な為、カバーを外すと首の重さで手前に倒れてしまいます。クラータを取られて力尽きた・・・という遊びをする為のギミックでしょうか?

武器のパワーステックの先端はスパナの様な形状。ボラークのモノは相手のパワーを吸い取る能力があるそうで、OVAでもオヌーからパワーを吸い取っていました。

ギミック
背中のバーを捻ると肩が左右にスイング。同時期に発売したマトランと同じギミックです。接続が緩めなので固定出来ず、自重でフラフラしちゃうのが難点。

説明書のは記載されていませんが、PVやOVAで披露した飛行形態。見立て変形ですが、それっぽく見えるのは良いですね。

ポージング
バイオニクルのボトル製品では初の「膝が曲がる」というのがポイント。2004年のトーアメトロ等から見られた、可動フィギュアとしての一面が出つつあります。足が大きいので安定感も抜群。肘が曲がっらない以外は特に問題ないレベル。

ゲーム「バイオニクルヒーローズ」でも敵として登場。PS2等の家庭用ハードでは大地エリアのステージ1のボスとして、DS版では雑魚キャラの1種として登場しました。家庭版ではシールド持ちだったりと地味に厄介。DS版は距離を開けると飛行形態になり、接近してきたりしました。

以上、ボラークでした。バイオニクルにおいて、可動を強く意識した初のモデル。それがトーアでも人型ではないと言うのが挑戦的。デザインも不気味で当時は強い衝撃を受けた記憶があります。

拍手[1回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
コツ
年齢:
22
性別:
男性
誕生日:
1995/09/26
自己紹介:
トランスフォーマーとかバイオニクルを集めたり遊んでる人。他にはアメコミとかミクロマンとかも。相互リンク受付中。

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ブログ内検索

P R