忍者ブログ

気まぐれTOYブラザー

トランスフォーマーやバイオニクル等の玩具を気が向くままに紹介したりするブログ。

LEGO バイオニクル(2015) タフ マスターオブファイア

新バイオニクル早速買って来ましたー。早速記事にしちゃいましたよー。

LEGO バイオニクルより「タフ マスターオブファイア」(TAHU - MASTER OF FIRE)を紹介。
あのバイオニクルが5年ぶりに復活。設定もリセットされ新しいシリーズとして生まれ変わりました。
※国内ではクリックブリック限定




パッケージ
過去のバイオニクルのボトルパッケージやヒーローファクトリーのビニールパッケージでは無く紙箱パッケージ。裏面はギミック紹介とプロテクターとの合体モデル、そして活躍をイメージしたコミックになっています。
合体モデルは合体と言うよりプロテクターの武器を付けただけと、簡易的なモノになってます。旧バイオニクルの初期では合体モデルはストーリーにも絡んだりと、個人的にバイオニクルの醍醐味の1つだったのでスゴい雑に済まされてしまった感じがして少し残念。2014年のヒーローファクトリーも合体モデルは武器の付け替えといったモノもいくつかあり、逆にチーマやスーパーヒーローズのビルダブルフィギュアはしっかり組み替えて合体させてたのでちょっと心配です。


素体
基本的にヒーローファクトリーのモノと同じですがギアギミックを付けた為、肩が変わっています。ギミックについては後程。
肩が首より後ろにあり胴体フレームよりも少し離れている為、ちょっと不自然な体型に。



パーツを組み立てれば完成!
構造、パーツ共にヒーローファクトリーとあまり変わってないですが旧バイオニクルやヒーローファクトリーとはまた違った新しさがあると同時に、どこか懐かしい感じの雰囲気を出せています。
肩と脚のアーマーが大きめでパワフルな印象でカッコいいですが、脚は裏から見るとスカスカなのがちょっと寂しいです。個人的には背中のV字状に開いた剣がお気に入りポイント。金のアーマーを身に付けておきながら、拳と足が銀なのはなんだか似合わない気もしますがそこは手持ちパーツを使ってやれば良い話ですかね。
アーマーの2連3ミリジョイントに付けられるパーツの新型はバイオニクルらしくメカっぽいモールド付き。四角くシンプルなので使い勝手も良さそうです。タフには6個も付属。さらにビルダー便利パーツの貫通ボールジョイントが四個も使われていたりと豪華な印象。
ギミックの都合上、胴体フレームの肩のボールジョイントを使わないのでそのまま剥き出しになっているのが気になります。


正面
タフは新しいバイオニクルの舞台であるオコート島に表れた六人のヒーロー、トーアの内の一人だ。短気だが熱に強く、勇敢で彼は挑戦することが好きだ。そして自分をトーアの中で最も英雄的だと思っている。時にその過信が彼をピンチにする事もあるが、タフーは幸運の星の下で生まれた一番頼れる存在であろう。
全体的に設定に関しては旧バイオニクルの用語は極力使わない様にしている気がしますが、トーアの名称はまだ残っている様です。
旧バイオニクルではタフーの名称でしたが、今回は何故か名前がタフに。リブート作品である事をレゴジャパンが認識して無いみたいでちょっと残念ですが、私達が普通にタフーって呼んじゃえばいいんじゃないでしょうか。昔もヒューキーがハウキーになってるとかありましたし。てな訳で以後タフはタフーと呼ばせて貰います。


フェイスアップ
文字通りバイオニクルの顔とも言えるタフーのマスク。「マスクオブファイア」と名前が付けられており、過去の様なカノイハウといった名称も無く、シールドを張る等の能力もありません。
マスクは過去のモノの様に口のジョイントに装着する様なタイプでは無く、左右のバーで挟み込んで付ける仕様に。最初はうーんって感じでしたが、2ポッチ分の幅だったらどこでも付けられると言った感じなので意外と自由度は高そうです。


マスクは取り外し可能。
頭部パーツも新しいモノになりました。形状はいわゆるメトロヘッド似。
目のパーツはクリアパーツなので集光ギミックを搭載。後ろから光を当てれば目が光っている様に見えます。この辺は昔と同じですね。マスクを付けてないと目のパーツがカタカタ動いてしまいますがコレについては後述。
マスクの装着方法が変わったので口のジョイントは無くなり、コチラは逆に自由度が下がった印象。しかし、頭部単体としてのカッコ良さは上がった気がします。




武器の「ファイアブレード」は巨大な剣。
中央に付けられた炎のパーツがカッコいい!合体させると「ラヴァサーフボード」になり、タフーを乗せる事が可能。しっかりとペグとシャフトで固定されており、バラける心配もありません。
ボードとして使用する際は背中の剣「ゴールデンソード」を代わりに武器として持たせる様です。
アーマーを付けていたり、武器が移動用ビークルになったりと旧バイオニクルでのトーアヌーバやトーアリカーンを彷彿とさせる要素がチラホラありますね。



ボーナスパーツとして「ゴールデンマスクオブファイア」が付属。
ストーリー上のキーアイテムであり、装着するとパワーアップする様です。旧バイオニクルでもゴールデンマスクがキーアイテムとして登場しましたが、能力等は違う模様。


敵としてスカルスパイダーも付属。
ヒーローファクトリーのジャンパーと同じ様な位置付けで、1セットで対決遊びができます。蓄光ギミックを内蔵してそうな色をしていますが違うみたいです。残念。
スカルスパイダーはオコート島に大量発生した生き物で、トーアや村人の顔へマスクの代わりに寄生し操る事が出来る様です。


スカルスパイダーはマスクにもなっており、旧バイオニクルのクラナの様に相手に寄生する事が可能。なんとトーアにはマスクが三枚も付属する事に。スカルスパイダーを取り付けたキャラを敵として遊ぶ事が出来、敵が少ない初期段階ではかなり効果的で侮れないギミックです。
マスクとしてもカッコ良く、スカルスパイダーの手足を外して別のパーツを付けたりとパーツ面でも使えそうな感じ。でも機械生命体のバイオニクルにスカル(骸骨)って概念はどうなんでしょうか。


ギミック
後頭部のクリアパーツを押し込むとマスクが弾き飛ばされます。ダメージギミックとして遊ぶ事が可能。



旧バイオニクルでお馴染みのギアギミックが復活!背中のギアを回せば両腕が前後にスイング。
ちゃんと肩のアーマーも一緒に回ります。
さらに旧バイオニクルでは腕がブラブラしてしまった問題点をペグで接続したギアを使用する事で改善。ブラブラしなくなっています。動画はコチラ(vine)




可動。
各部がボールジョイントでグリグリ可動。
肩アーマーや背中の剣が干渉する事もありますが、そこは調整して避ければ大丈夫。肩のボールジョイントのお陰でギアギミックに可動を妨げられる事もありません


新しく始まったバイオニクル。
一般販売では無くクリックブリック限定に逆戻りなのは残念ですがモノ自体はかなり良くギアギミックの復活やボーナスマスクが付属する他、スカルスパイダーと対決遊びが出来たりとプレイバリューも高め。値段が高めでしたが遊んでみるとあまり気になりません。金の装飾パーツや貫通ボールジョイントも手に入り、なかなか良いセットだと思います。


「せ、先輩!?」

拍手[7回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
コツ
年齢:
22
性別:
男性
誕生日:
1995/09/26
自己紹介:
トランスフォーマーとかバイオニクルを集めたり遊んでる人。他にはアメコミとかミクロマンとかも。相互リンク受付中。

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ブログ内検索

P R