忍者ブログ

気まぐれTOYブラザー

トランスフォーマーやバイオニクル等の玩具を気が向くままに紹介したりするブログ。

限定!ゲンテイ!トランスフォーマー スラスト

ダイアクロンのパワードスーツ、コレ楽しいぞ。

初代を初めとした様々な歴代トランスフォーマーを現代の技術でリメイクするシリーズの一つ、「変形!ヘンケイ!トランスフォーマー」の限定商品、デストロン「スラスト」を紹介!
サイズはデラックスクラス


パッケージ
「願望百貨店」という通販サイトの限定商品。今はもう潰れてしまった?様です。タカラの限定商品らしくパッケージはモノクロの二色印刷。しかしパッケージフォーマットが他の「変形!ヘンケイ!」と同じだったり、ラインナップ表付いていたりギミック紹介もちゃんと載っていたりとモノクロなのが勿体ない位です。
商品としては同シリーズのスタースクリームのリデコ品である、新ジェットロンラムジェットのさらにリデコ品になります。

ビークルモード
赤いジェット機に変形。G1では主翼に垂直離着陸用のファン(VTOL)が付いていましたが、今回は尾翼の裏に付いています。これについては後述。その為、特徴だったファンが目立たないです。海外公式イベント「BOTCON」の方が先にスラストを発売。こちらも新規の翼が付いていましたがこの「変形!ヘンケイ!」版とはまた別の形状でそちらは主翼にファンが付いている等、G1版に近い仕様になっていました。

上から。主翼にはG1には無かった白い雷のような模様が追加されています。

横から。主翼には武器の対空ミサイルが装備されています。対空ミサイルはスプリングで発射可能。また、発射装置の先端とコックピットにはメッキ加工が施されています。着陸脚もダミーですが内蔵されています。

トランスフォーム! ボディを開いて機首を収納、内部から腕を出し、後部を伸ばして脚にします。簡単な変形ですがボディを開いてあれこれ出し入れするのは面白い。主翼の変形について、ちょっと問題?があったのですがそれについても後述。

ロボットモード
とんがり頭が特徴的。ダークレッドとグレーの地味目のカラーが好み。尾翼が足の支えにはならない為、他のジェットロンと比べてやや倒れやすい気がします。

正面
ラムジェット、ダージと共に「銀河系最強のジェットファイター」と呼ばれるデストロンジェットロン航空兵。いつもは大きな事ばかり言っているが、いざと言うときは勇気に欠ける。しかし瞬間的なスピードにかけては自信を持っている。通常は速度マッハ2.5まで出せるが、2秒間だけならマッハ5まで出せる他、瞬間的に加速力で近くの建物を振動させることが出来る能力を持っている。
出番はそれなりにありましたが、スタースクリームに「臆病者」よばわりされたり、弱気だったりヤラレ役が多い印象。後期OPでもグリムロックに噛まれているし。「ゴールデンラグーンの秘密」では「やったぜスラスト!これでお前はデストロンのナンバー2だ!」といったセリフやメガトロンに真っ先に方向する辺り、メガトロンに対する忠誠心は高い模様。単に臆病でナンバー1になる勇気が無いだけかも知れないが。「スカイゴッド」でも痛めつけられるのが嫌でアストロトレインの言う事を聞いていたり、気絶していたアダムスが動き出したらアストロトレインの後ろに隠れたり、「令嬢より愛をこめて」ではラムジェット、ダージと共に3人がかりでパワーグライドを襲うも2回も逃げられていたりとあんまり強い印象は無い。しかし、人間相手や数で有利な時には強気だったり、巨大生物に立ち向かったり「メガトロン地球征服作戦PART1」では集団に襲われているスタースクリームの援護に向かったりと戦う時は戦ってたりはします。「PART2」ではビークルモードの突進でサイバトロン基地に穴を開けて侵入し、チップを追い込んでたりも。その後、余計なことしちゃったので結果、サイバトロンを助けちゃうんですけどね。

フェイスアップ
機首がそのまま頭になっている顏。恐れるべき存在のデストロンなのにこういうマヌケなデザインなのが好きなポイント。サイバトロンのパワーグライドも同じように機首が頭部になりますが、あちらはミニボットなのもあり愛嬌がある。

武器の対空ミサイルは肩に装備。ジェットロン全員がこの形状の武器を肩に装備していますが、それぞれ違う武器を装備している事になっているのが面白い。アニメではみんなビームを発射していましたが。「チルドレン・プレイ」では野球ボールを装填して発射とかしていましたね。

5ミリジョイントなので手に持たせる事も可能。

垂直離着陸用ファンですが、コチラも5ミリジョイントで尾翼に装着していますので付け外しが可能。

そこで、G1を意識して主翼に装備する事も可能。やや厚みがあって不自然ですが。なぜわざわざ付け外し可能で、尾翼に装備していたのかは良く解りませんが、個人的にはやはり主翼に付いているのが好みなのでこの状態をデフォルトにしています。

ロボットモードだと裏に配置されるので目立たない。もしかしたら、アニメでは腿横辺りにファンが配置されていたのを指揮して脚に付けたのかも知れない。

主翼を180度回転させればファンが正面からでも目立ちますが、腕に干渉しやすくなっちゃうデメリットが。好みの配置で楽しみましょう。

次に主翼の位置。説明書通りに変形させると上の写真のようになるのですが、このままだと腕を変形させると干渉してしまい、正直邪魔です。

なので主翼を一度外して付け根の裏側を削り、90度曲げられるようにしまています。必須という程では無いかもしれませんが、ここの干渉は気になって仕方がなかったのであまり改造してみました。主翼を外してヤスリで削るだけの簡単な作業ですが、主翼を外すのがちょっと怖かったですねー。

ポージング
頭部はあまり回転しない他、腕のひねりがなかったり等もありますが前提的にはまぁまぁな可動といった感じ。先述の通り、主翼をちょっと弄ったのでデフォルトのモノとは違いますが。

「ザ・ムービー」で跳ね飛ばされていたので、ますますヤラレ役というイメージが強くなっていく・・・。

付属のカード。記載内容はパッケージ裏のスペックと同じ。やはり勇気が低め。国内ではこの手のテックスペックカードは今はもうマスターピース位にしか付属しませんねー。

歴代スラストあれやこれや。今思えば何故スラストを好きになったのか、キッカケらしいモノが思い付かない・・・。BWⅡBMマイクロン伝説等もありますが今回はあえてG1関連に絞ってみました。肝心なG1版を所持していないので手に入れたい所。MPをスルーしたのもちょっと後悔。この他にもボットコン版や変形!ヘンケイ!版のリカラーの海外版やアジア限定セット版等も存在するのでまだまだ道のりは長そうです・・・。

以上、スラストでした。一番好きなジェットロンなだけあってスラスト玩具の中でも欲しかった一品。こうして無事に手に入れる事が出来ました。かれこれ9年近く前の商品なだけあって、今弄ると物足りないと感じる所もありますが、手ごろなサイズでサクサク変形させて遊べるスラストの玩具として優秀な所がありますねー。意外とちゃんとトンガリ頭のスラストの玩具って少なく、G1基準でしっかりデザインされているのも貴重だったりします。

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
コツ
年齢:
21
性別:
男性
誕生日:
1995/09/26
自己紹介:
トランスフォーマーとかバイオニクルを集めたり遊んでる人。他にはアメコミとかミクロマンとかも。相互リンク受付中。

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
2 3 4 5 6
7 9 10 11 12 13
14 16 17 18 19 20
21 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ブログ内検索

P R